ニュース
新着入庫
パーツ情報
輸入車整備日記
オーディオカスタム
コーティング
鈑金・塗装
スタッフブログ
料金表
TEL 072-224-0303
FAX 072-224-2100
サイト内検索
訪問履歴
本日 全体
訪問者 147 1780143
コメント 0 106
トラックバック 0 1
カレンダー
<< 2018年2月




1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28


携帯電話で当店の在庫が
ご覧頂けます。
パーツをメインに多数出品しています。一度チェックしてみて下さい!
ヤナセ販売協力店
ヤナセ
グループ会社
スターネットワーク
メルセデス・ベンツをはじめ輸入車の
整備・修理の全国ネットワーク
インポートカーフューチャークラブ - 輸入車の素晴らしさを伝えたい
Ju 大阪
Js-Osaka 大阪府自動車整備振興会
【メルセデスベンツ E350ブルーテック 発表】新型ディーゼルは100%免税
2010/02/24 16:47:56


メルセデスベンツ日本は24日、同社の主力である『Eクラス』に最新のクリーンディーゼルエンジンを搭載した『E350ブルーテック』を追加し、同日より販売を開始した。輸入車で初めてクリーンディーゼルとしてエコカー免税の対象となったほか、新車購入補助金にも適合した。






E350ブルーテックは、セダンと、同日に発表となったステーションワゴンに設定される。3リットルV6直噴ターボディーゼルエンジンを搭載し、最高出力211ps、最大トルク540Nmと、5リットルクラスのガソリンエンジンと同等の動力性能と静粛性、2リットルクラスガソリンエンジン並みの燃費経済性を持つ。10・15モード燃費はセダンが13.2km/リットル、ステーションワゴンが13.4km/リットルを実現した。

最新の排出ガス処理システム「BlueTEC(ブルーテック)」を採用し、有害な窒素酸化物(NOx)を従来のE320CDI比で約69%低減、粒子状物質約21%低減、燃焼効率の向上によりCO2を約7.2%低減している。

平成17年度燃費基準+20%達成、平成27年度燃費基準もクリアし、輸入車として初めてクリーンディーゼルエコカー免税対象車に認定された。これにより、ハイブリッド車や電気自動車と同様に自動車取得税、重量税が100%免税となる。さらに新車購入補助金にも適合し、セダンで約67万円の優遇措置を受けることができる。





メルセデスベンツは1936年に世界で初めてディーゼルエンジン乗用車を発売して以来、ディーゼルエンジン技術の向上に積極的に取り組んできた。ガソリンと比べ安価な軽油を使用することなどからも燃費経済性が高く、またCO2排出量も低減させることができるとして、同社ではハイブリッドや電気自動車と並び、将来を担う重要なエコカーとして位置づけている。主力車種のEクラスにクリーンディーゼルを設定することでより多くのユーザーにアピールし、低炭素化社会実現に向け先導者となることを目指す。

価格は「E350ブルーテック・アバンギャルド」が798万円。「E350ブルーテックステーションワゴン・アバンギャルド」が833万円。ガソリンエンジンモデルの「E350アバンギャルド」(3.5リットルV6)と比べても約50万円安い戦略的な価格設定としている。

                                                                                                          <レスポンス>
この記事のURL : http://www.sankoshowroom.co.jp/255334.html
お問合せ   |   コメント(0)   |   トラックバック(0)   |   ▲TOP

この記事にコメントする

名前
メール
URL
コメント
コメント認証キー
イメージを更新
※複数のページを開いてる場合は、コメント登録前に認証キーを更新して登録してください。

この記事へのトラックバックURL

http://car.blogten.jp/tbrv.asp?255334