ニュース
新着入庫
パーツ情報
輸入車整備日記
オーディオカスタム
コーティング
鈑金・塗装
スタッフブログ
料金表
TEL 072-224-0303
FAX 072-224-2100
サイト内検索
訪問履歴
本日 全体
訪問者 121 1780117
コメント 0 106
トラックバック 0 1
カレンダー
<< 2018年2月




1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28


携帯電話で当店の在庫が
ご覧頂けます。
パーツをメインに多数出品しています。一度チェックしてみて下さい!
ヤナセ販売協力店
ヤナセ
グループ会社
スターネットワーク
メルセデス・ベンツをはじめ輸入車の
整備・修理の全国ネットワーク
インポートカーフューチャークラブ - 輸入車の素晴らしさを伝えたい
Ju 大阪
Js-Osaka 大阪府自動車整備振興会
メルセデスベンツ、燃料電池車の量産バージョン正式発表
2009/12/19 16:12:49







ダイムラーは11日、同社としては初の量産燃料電池車、『BクラスF-CELL』を正式発表した。年内にファーストロットとして約200台を生産し、2010年春に欧州と米国でリース販売を行う計画だ。

メルセデスベンツは1997年、初代『Aクラス』をリリース。2002年、その2重床のサンドイッチフロア構造を生かして、床下にバッテリーなどを積んだ燃料電池車、『F-CELL』を発表した。F-CELLはAクラスの室内空間や荷室スペースはいっさい犠牲にせず、燃料電池を搭載。欧州、米国、日本などで実証実験が行われた。

このサンドイッチフロアは、2006年発表の『Bクラス』にも継承。このBクラスをベースに開発されたのが、今回正式発表されたBクラスF-CELLである。

BクラスF-CELLは、AクラスベースのF-CELLに対して、約40%小型化した燃料電池スタックを搭載。低温始動性の改良にも取り組み、マイナス25度の状態でもシステムを始動できる。モーターの出力は約30%高められており、最大出力136ps、最大トルク29.6kgmを発生する。

2次電池はリチウムイオンバッテリーで、定格出力35kW、蓄電容量1.4 kWh。水素タンクの容量はAクラスよりも増やされ、充填圧力は2倍の70MPaに高められた。水素は燃料電池へ送られ、酸素との化学反応により電力を発生し、そのエネルギーでモーターを回す。余った電力はバッテリーに蓄えられる。







BクラスF-CELLの最高速は170km/hで、2.0リットルガソリン車と同等の動力性能を実現。最大航続距離はAクラスの160kmから400kmへ、大きく進化した。水素ステーションでの水素充填は、約3分間の短時間で可能にする。








2重フロアの構造を生かして、燃料電池スタックや水素タンクなどは床下に配置。ベース車のBクラスと比較して、室内空間は変わらず、荷室も416リットル(VDA計測法)の容量を確保している。

『BクラスF-CELL』は、2009年末に初回ロットとして約200台を生産し、2010年春から欧州と米国でリース販売。ダイムラーのディーター・ツェッチェCEOは「プレミアムブランドへの顧客の要望は厳しい。我々はBクラスF-CELLで、持続可能な自動車社会を提案する」と語っている。


この記事のURL : http://www.sankoshowroom.co.jp/245530.html
お問合せ   |   コメント(0)   |   トラックバック(0)   |   ▲TOP

この記事にコメントする

名前
メール
URL
コメント
コメント認証キー
イメージを更新
※複数のページを開いてる場合は、コメント登録前に認証キーを更新して登録してください。

この記事へのトラックバックURL

http://car.blogten.jp/tbrv.asp?245530